ヘアワックスや毛染め、脱色、など髪の毛の負担は増えるばかりです。髪が抜けてしまった時の役に立ちそうな参考情報を集めました。

若はげの悩みというのは、深刻です。
なった人しかわからない、という以前になかなか人にも相談できないからです。現在では、若くして、薄毛や脱毛にの症状がでてしまう人が増える傾向にあると言われています。

髪の毛をデザインするヘアワックスの種類の多さや、ムースやヘアデザインスプレーの数々。10代や20代の人で茶髪に染める人や髪を脱色したり、パーマやブローなどで髪にダメージを与え続ける若者も急増しています。

生活習慣の不規則さも手伝って、そういった若者でも髪の毛が抜けたり薄毛の症状で悩む人は増えてきているともいわれています。お父さんやおじいちゃんがハゲていたりしたら、自分はハゲないように育毛やヘアケアに人一倍気を使っている人も多いとも言われていますが、若ハゲは100%遺伝では決まりません。

スポンサードリンク

年齢と共に髪が抜けて薄くなるのは仕方ないかもしれませんが、20代から髪にダメージを与えるような行いや、生活習慣をしていると取り返しのつかないことにもなりかねません。

若ハゲに悩んでいる人にとっては、髪の毛が薄くなってくる現実は切実なものです。抜けた毛が再びフサフサにもどるのならどんな育毛剤や増毛剤にもすがりたいくらいの気持ちがあるのも事実でしょう。

額の生え際や頭頂部が薄くなってしまった、あるいは額の生え際や頭頂部の地肌が見えそうな気がするという人も予防と対策を少しでも知識としてとらえてみましょう。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発毛有効成分「ミノキシジル」は育毛効果があるということで髪の毛の悩みを持つ人にとってはある意味常識となりつつあります。それと並行して医師処方のプロペシアの育毛効果もずいぶん前から話題となっています。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、本来別の症例の治療薬として使われていたところ副作用としての発毛現象が認められ発毛・育毛に効果がある薬としての開発に向かった経緯は有名です。

このミノキシジルとプロペシアを併用する育毛メニューが今の所最大限効果が期待できる育毛法であるという人も多いようです。

さらにミノキシジルが含まれ育毛剤が日本でも販売されていましたが、その含有パーセンテージの倍率が上がった新製品が発売され、話題になっています。

商品名は有名なのであえて紹介はしませんが、市場的に見ても更なる需要が期待でき、事実海外では、日本よりも早くこの含有比率の商品が売られている状況だったのです。

髪の毛は自分の努力で制御できる部分が限られており、外的な要因や内的な要因が複雑に絡み合った難しい問題です。最近では若い世代の抜け毛の悩みも割合的に増加しているとも言われており、それに加えて女性の髪の悩みを以前よりも増している状況です。

この話題の育毛剤の新製品が市場に及ぼす影響と、髪の毛の悩みを抱える人の解決策となった声にアンテナを立てて今後も注目していきたい所です。
結論から言うと
「海草ばかり食べたからといって直接髪の毛が増えるということにはつながらない」ようです。

しかし人間の身体は毎日食べる食事から作られていることは事実です。そして当然、頭髪も食事で摂取したものから作られるのです。

健康面で考えても栄養バランスは重要
栄養の偏った食事を続けていても全くはげない人もいます。しかし、他の部分で何らかの傾向がでることは可能性としてあります。それが、偏った食事が原因の肥満や内臓などの器官の機能低下や免疫の低下などかもしれません。栄養バランスが崩れて抜け毛が増えてしまう人は、栄養バランスが崩れた影響がたまたま頭皮に現れたに過ぎないと考えるほうが自然です。

海草は間接的に髪にいいといえそう
ファーストフードやインスタント食品ばかり食べていても、日常生活にこれいって何かしらの不都合が出ない人もいます。しかし、海草を摂取することによって体の調子が整えられる事も事実です。

特に野菜類が少なく動物性脂肪が多い食事内容が多い人は体にいい食事をしているとはいえません。抜け毛などの症状が目に見えて現れないといっても身体の健康状態はいい、とは言えないでしょう。

抜け毛防止にはバランスのいい食事と、ミネラルを摂取することも間接的には効果がある場合があるのです。しかし残念ながら、体の調子が整っても抜け毛や薄毛が改善されない人も実際にはいます。これが育毛、抜け毛予防の難しいところです。

ただ、実際に海草を食べることを習慣にしてみるとわかりますが、体の調子は確実によくなるのを感じることができます。海草はアルカリ性で、酸性気味になると身体は色々な不都合が出るそうなのです。また、海草を食べることによってお通じが良くなりましたし、顔などの肌の感覚もつやが出てきたような気がします。これは良くわかりませんが、ビタミンやミネラルの効果でしょう。

抜け毛の要素をひとつひとつ取り除く意味でも有効
間接的に髪の毛にいいと言われても手に入りにくいものや、高価な商品を勧められたのでは使う気にもなりません。しかし、海草はどこのスーパーでも取り扱っている商品で、食事時にちょっと一品増やす感覚で摂取できます。

薄毛や抜け毛に悩む人は「わらにもすがりたい。」と思う人が多いものです。まずは身近な所から抜け毛の要因をつぶして行く気持ちで海草を食べることを習慣にしてみることもいいかもしれません。
頭の地肌の赤さは本当の赤信号です。鏡の前でふと自分自身の髪の毛の少なさに気づいた人も、前々から髪の毛が抜ける量が普通ではないような気がしていた人も、髪が薄くなった部分の地肌を見てみましょう。

赤くなっていたら要注意です。地肌が赤いのは気のせいではありませんし、日焼けのせいだけでは済まされません。本来地肌は青白いものです。地肌が赤くなると抜け毛が始まるといわれます。これは頭皮の血行が悪くなると地肌は赤くなってくることから証明されています。

不規則な生活をしてませんか?
夜は遅くまでテレビゲームやパソコンやテレビを見る、三度の食事は、朝は食べない、昼はファーストフード、夜はコンビに弁当で済ます。疲れを取るお風呂も湯船につからずシャワーだけ、睡眠時間がその日によってバラバラ、などという生活をしていると髪の毛が抜ける、抜けないに関わらずそれ以前に、身体にハズがありません。毎日の生活習慣や食事は、健康な髪の毛が生えるという重要な要因です。

髪の毛にいい食事とは
ワカメや昆布ぐらいの海藻類しか思い浮かばなかった人は知識が不足しています。まず抜け毛予防や若ハゲ対策に重要なことは血液をきれいにして、血行を良くする事です。髪の栄養は血液からとっているんです。そして身体を冷やさないことや適度な運動で汗をかく、湯船に浸かって新陳代謝を活発にすることが重要なのです。

髪の毛にいい食事は血液をサラサラにしてくれる食材を使うことです。例えば、かつお、さんま、さば、などビタミンEを多く含む食品などがあります。他に、ビタミンEを多く含む食品には、ひまわり油や米ぬか油、大豆油などの植物油、アーモンドやひまわりの種などの種実類、小麦胚芽、サツマイモ、きな粉、ごま、ナッツなどが上げられます。

ビタミンEはホルモンとは異なり、生体内で作ることはできません。さらに、ビタミンEは、動脈硬化を防止し、心筋梗塞や脳卒中を予防する効果があるといわれています。若ハゲや薄毛防止だけでなく、心臓や脳血管などに起因する様々な生活習慣病を予防してくれる優れものです。

ビタミンE不足の症状
ビタミンEは毛細血管の血行を順調にする働きがあるため、ビタミンEが欠乏すると逆に、血行障害からくる様々な症状が起こりやすくなります。例えば、肩こりや頭痛、しもやけ、冷え性などがそうです。そして、頭皮の血行が悪くなり、地肌が赤くなってしまい、髪の毛の抜ける原因にもなるのです。額の生え際や頭頂部の地肌が見えそうな気がするという人は一度自分自身の頭皮の地肌を確認してみて下さい。赤くなっていたら血行不良による抜け毛、若ハゲの可能性があるのです。

今すぐできることからやってみる
急激な抜け毛、若ハゲの進行は心理的にも精神的にも恐怖の一言です。しかし、抜け毛、若ハゲの進行を止める手段は身近なところから実践できるのです。
まずは、

■きちんと決まった時間に睡眠をとる。
■三度の食事はきちんとバランスよく摂る。
■シャワーだけでなく湯船にしっかり浸かる。
■適度な運動で汗を流す。

といったことからはじめてみることが大切です。
生活環境の悪化は髪の毛や頭皮にも良くないです
髪の毛が抜けたり頭皮のトラブルを感じている人は髪と頭皮だけのことについて原因を考えがちですが、髪の毛も体の一部なのです。身体の健康そのものが損なわれたら体調を崩すように、頭皮の血行が悪くなったりすると髪や頭皮に異常が発生しやすくなり抜け毛や頭皮のトラブルの原因になります。

闇雲に育毛剤を使用してもムダです
髪の毛の抜け毛の量が急激に増えてしまうとどうしても動揺してしまいます。
抜け毛=育毛剤の使用
と短絡的に考えてしまいがちですが髪が抜ける本質的な原因の改善をしなければほとんど意味はないのです。

例えば、フケが多くなってきた人が抜け毛の原因を考える場合と、頭皮の血行が良くなく頭皮の血行不良が原因の人の抜け毛の原因を考える場合では対処法が違うのです。フケの発生は、頭皮に汗をかくことや不潔にすることでおきやすくなります。フケが多く発生すると、それを栄養源とする細菌(フケ菌)が繁殖します。その細菌が原因となって、さらに炎症が起き、頭皮のコンディションが悪化します。

一方、頭皮の血行不良は毎日の食事の栄養バランスの悪化や生活環境の乱れなどが原因の場合が多いのです。当然、頭皮に栄養がまわらなければ健康な髪は生えません。

健康な生活のために日頃できること
髪の毛や頭皮の健康を考える前に、身体そのものの健康を考える事は非常に重要なのです。日頃の生活習慣で一番簡単にできることの一つはお風呂の湯船に浸かることです。

会社でのストレスをなくそうとすれば最悪会社を変わることも考えなければなりません。また、食事や生活環境そのものを変えることはなかなか難しい人も多いかもしれません。しかし、お風呂の湯船に浸かることは少しの手間を掛けるだけで可能な場合が多いのです。

特に、シャワーだけで済ましている人はぜひとも湯船にお湯をためてお風呂に入ることが大切です。湯船に浸かることで身体全体があったまり全身の新陳代謝が良くなります。当然、頭皮の血行も良くなり頭皮の活動も正常化される可能性が高くなるのです。

毎日お風呂の湯船に浸かっている人はもう少ししっかりと長い時間お風呂に浸かることを心がけてみてみるといいかもしれませんね。

頭皮と髪の毛は関係
髪の毛自体は生きた細胞でありません。実際に、髪の毛は一度ダメージをうけると簡単に修復することはできません。しかし、抜け毛に悩む人の多くが髪のダメージよりも頭皮そのものに問題が多い傾向があります。

頭皮の普段の洗髪や、ブラッシングでも自然に毛髪は抜けますが、1日に100本以内であれば特に問題はありません。しかしそれ以上の場合は体の状態や生活環境などの原因が必ずあります。その原因さえ取り除いてあげれば、髪は再び発毛します。育毛剤は頭皮のトラブルの元を改善しなければ効果は期待できません。まずは身近なことから少しずつ頭皮と髪の毛にいい事を意識していきましょう。
市販の育毛剤について色々調べてみたのですが、結論から言うとほとんど気休め程度の効果しかないような記述が多い事に気付きました。

それでもわらにもすがりたい気持ちというのでしょうか、なんか無いのか?と色々調べてみたのですが、評判のよさそうな商品を使用してみて効果があればラッキー程度の感覚で多くの人が認識している事実に遭遇しました。

昨年2010年の夏はとにかく暑かったです。だから、仕事が終わりお風呂でさっぱりして入浴後に冷たいものを飲み過ぎる事が多かったです。

そういう日々がとにかく多かっただけに身体の胃腸への負担はもとより、飲みすぎによる肝臓への負担も大きかったのかもしれません。

夏場の疲れがどっと出る秋口には例年にはない抜け毛に悩まされました。鏡を見て何気に分け目を凝視すると気のせいか地肌が見えているような気がします。

身体の負担は弱いところに出る事が多く、ここにきて髪の毛が抜けるという事態に遭遇して初めて心から育毛、抜け毛に対しての対策を実施しなければという思いに駆られました。

しかし、調べれば調べるほど、抜け毛に関するメカニズムはもちろん薄毛になっていくことに対する有効な対策は少ないという事実に言葉が少なくなっていきました。

今ではAGAはお医者さんで診てもらえます。という事ですが、これとて当然無料で見てもらえるわけでもなく、市販の育毛剤を購入するような感覚の出費でもありません。

抜け毛の原因がはっきりすれば、最終的にはあきらめもつくかもしれませんが、多くの人がそうするようにやはりかすかな望みを捨てたくは無い気持ちがあります。

そうです。育毛の努力もあきらめたら終わります。例え努力した結果が芳しくなくてもあきらめた人と、あきらめなかった人では数年後には別人のような結果になっているかもしれません。

育毛シャンプーで手軽に抜け毛対策
とりあえずシャンプーは手軽に行える抜け毛対策の一つですので売れ筋の育毛シャンプーなどで紹介されている「ウーマシャンプー」なるものを購入して使用してみることにしました。

使用感は馬油(バーユ)なる成分が入っているので獣のニオイなどや動物脂のニオイがすると思っていたのですが、ほとんど無臭でした。さらに若干ですが爽快な感覚を得られる成分が含まれているように感じます。

泡立ちも悪くなく、石鹸シャンプーを愛用していた自分にとっては洗髪後の髪の毛のパサツキが劇的に解消された事は驚きです。また、毎日入浴して毎日洗髪していても次の日の夕方には頭皮がなんとなくベタついていたのがなくなりました。

使用して一週間ほどで抜け毛の量は確実に減少した事は特筆したいです。結構感動します。価格は市販のシャンプーと比較して少々高価になりますが、一本で一カ月~一ヶ月半ぐらい持つのでコスト的には大きな負担にはならないです。

あくまで個人的な感想の範囲ですが、毎日のシャンプーで頭皮の状態を健康に保てるならばお手軽です。抜け毛も減少して髪の毛もハリとツヤが出て、(男ですが)なんとなく気分がいいです。ウーマシャンプーはお勧めです。




結局、頭皮を清潔にしてバランスのよい食事と規則正しい生活を送る事が一番という結論に落ち着き現在も精進しています。内緒で育毛を行っている人も含めればこれほど多くの需要があるにもかかわらず、超有効な治療法が存在しない症例もなかなかないものだなぁーと思った次第です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。