あまり聞かない自毛植毛の話

ここでは、「あまり聞かない自毛植毛の話」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増えてきているといわれています。そして、女性の人でも密かに悩んでいる人が増える傾向にあります。とりあえず育毛剤や適当な情報から得た育毛法などをやってみる、のではなくしっかりとした髪の毛の知識を身につけ正しい育毛を行ないましょう。

髪の毛に関する事は受身ではなかなか入手できません。きちんと情報を判断できる知識と、判断力が身につくように色々と勉強してみて下さい。


金銭的な理由で育毛にお金をかけれない人は別として、例えば芸能人などはお金がたくさんあり、その気になればヘアケア、育毛コースなどの最上級の育毛ケアを受けれると思うのです。

しかし、実際ははげていく頭皮をヘアスタイルや髪の色でごまかしてそのままテレビなどに出つづけることが多いように感じます。

自毛植毛は実際にどうなのか
自毛植毛は後頭部などに残った自分の髪の毛を、はげてしまった自分の頭皮に植え付ける増毛法のひとつです。他人のモノを植えるのではなく、自分自身の身体の一部を取って植え付けることで、拒絶反応などの問題が少ないことがメリットといわれています。

色々調べてみましたが、自毛植毛の定着率もなかなか良いような話も多く、なぜ自毛植毛がもっとメジャーにならないのか不思議に感じました。

自毛植毛の問題点
自毛植毛が一般に普及しない要因は幾つかありそうですが、一つ目は費用の問題でしょう。詳しくは知りませんが、自毛植毛を術式で執刀できるようになるにはそれなり資格と免許が必要であるようなのです。

二つ目の問題点は一度に大量に髪の毛を移植できないことです。芝生を荒地に植え付けるような感覚で増やしたい部分に一度に自毛植毛することはできないようなのです。これは切除する後頭部などの毛髪の負担もありますが、自毛植毛した髪の毛の定着率の低下を引き起こしてしまう可能性が高いということが大きな理由のようです。

三つ目の問題点は、後頭部の毛髪を根っこごと切除するために傷か残ってしまう点です。

時間と傷の問題がネック?
芸能人などお金のある人ではげてしまいそうな人は自毛植毛で髪の毛を増やせばいいのにと簡単に思ってしまいますが、実際は見れるようになるまで半年から、一年くらいかかるようなのでその間頭を隠しつづけることが難しいのかもしれません。

芸能人は外見が命の場合がおおく、頭皮の目立たない部分とはいえ傷が残ってしまうことに抵抗があるのかもしれません。

経済的・市場的側面での考察
育毛・増毛市場で一番おいしいお客様は、生涯にわたって育毛剤やヘアケアコースや育毛シャンプーを利用してくれる人です。

一度に問題が解決してしまえば市場的には衰退してしまいます。そんなちょっと曲がった見方をすればもしかしたら育毛・増毛業界の真実が見えてくるかもしれません。

スポンサードリンク

抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増えてきているといわれています。そして、女性の人でも密かに悩んでいる人が増える傾向にあります。とりあえず育毛剤や適当な情報から得た育毛法などをやってみる、のではなくしっかりとした髪の毛の知識を身につけ正しい育毛を行ないましょう。

髪の毛に関する事は受身ではなかなか入手できません。きちんと情報を判断できる知識と、判断力が身につくように色々と勉強してみて下さい。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaminokecrisis.blog92.fc2.com/tb.php/7-aea7fa45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。