薄毛や抜け毛の信号を見逃さない為に

ここでは、「薄毛や抜け毛の信号を見逃さない為に」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増えてきているといわれています。そして、女性の人でも密かに悩んでいる人が増える傾向にあります。とりあえず育毛剤や適当な情報から得た育毛法などをやってみる、のではなくしっかりとした髪の毛の知識を身につけ正しい育毛を行ないましょう。

髪の毛に関する事は受身ではなかなか入手できません。きちんと情報を判断できる知識と、判断力が身につくように色々と勉強してみて下さい。


頭の地肌の赤さは本当の赤信号です。鏡の前でふと自分自身の髪の毛の少なさに気づいた人も、前々から髪の毛が抜ける量が普通ではないような気がしていた人も、髪が薄くなった部分の地肌を見てみましょう。

赤くなっていたら要注意です。地肌が赤いのは気のせいではありませんし、日焼けのせいだけでは済まされません。本来地肌は青白いものです。地肌が赤くなると抜け毛が始まるといわれます。これは頭皮の血行が悪くなると地肌は赤くなってくることから証明されています。

不規則な生活をしてませんか?
夜は遅くまでテレビゲームやパソコンやテレビを見る、三度の食事は、朝は食べない、昼はファーストフード、夜はコンビに弁当で済ます。疲れを取るお風呂も湯船につからずシャワーだけ、睡眠時間がその日によってバラバラ、などという生活をしていると髪の毛が抜ける、抜けないに関わらずそれ以前に、身体にハズがありません。毎日の生活習慣や食事は、健康な髪の毛が生えるという重要な要因です。

髪の毛にいい食事とは
ワカメや昆布ぐらいの海藻類しか思い浮かばなかった人は知識が不足しています。まず抜け毛予防や若ハゲ対策に重要なことは血液をきれいにして、血行を良くする事です。髪の栄養は血液からとっているんです。そして身体を冷やさないことや適度な運動で汗をかく、湯船に浸かって新陳代謝を活発にすることが重要なのです。

髪の毛にいい食事は血液をサラサラにしてくれる食材を使うことです。例えば、かつお、さんま、さば、などビタミンEを多く含む食品などがあります。他に、ビタミンEを多く含む食品には、ひまわり油や米ぬか油、大豆油などの植物油、アーモンドやひまわりの種などの種実類、小麦胚芽、サツマイモ、きな粉、ごま、ナッツなどが上げられます。

ビタミンEはホルモンとは異なり、生体内で作ることはできません。さらに、ビタミンEは、動脈硬化を防止し、心筋梗塞や脳卒中を予防する効果があるといわれています。若ハゲや薄毛防止だけでなく、心臓や脳血管などに起因する様々な生活習慣病を予防してくれる優れものです。

ビタミンE不足の症状
ビタミンEは毛細血管の血行を順調にする働きがあるため、ビタミンEが欠乏すると逆に、血行障害からくる様々な症状が起こりやすくなります。例えば、肩こりや頭痛、しもやけ、冷え性などがそうです。そして、頭皮の血行が悪くなり、地肌が赤くなってしまい、髪の毛の抜ける原因にもなるのです。額の生え際や頭頂部の地肌が見えそうな気がするという人は一度自分自身の頭皮の地肌を確認してみて下さい。赤くなっていたら血行不良による抜け毛、若ハゲの可能性があるのです。

今すぐできることからやってみる
急激な抜け毛、若ハゲの進行は心理的にも精神的にも恐怖の一言です。しかし、抜け毛、若ハゲの進行を止める手段は身近なところから実践できるのです。
まずは、

■きちんと決まった時間に睡眠をとる。
■三度の食事はきちんとバランスよく摂る。
■シャワーだけでなく湯船にしっかり浸かる。
■適度な運動で汗を流す。

といったことからはじめてみることが大切です。

スポンサードリンク

抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増えてきているといわれています。そして、女性の人でも密かに悩んでいる人が増える傾向にあります。とりあえず育毛剤や適当な情報から得た育毛法などをやってみる、のではなくしっかりとした髪の毛の知識を身につけ正しい育毛を行ないましょう。

髪の毛に関する事は受身ではなかなか入手できません。きちんと情報を判断できる知識と、判断力が身につくように色々と勉強してみて下さい。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaminokecrisis.blog92.fc2.com/tb.php/1-7c736da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。