ヘアワックスや毛染め、脱色、など髪の毛の負担は増えるばかりです。髪が抜けてしまった時の役に立ちそうな参考情報を集めました。

若はげの悩みというのは、深刻です。
なった人しかわからない、という以前になかなか人にも相談できないからです。現在では、若くして、薄毛や脱毛にの症状がでてしまう人が増える傾向にあると言われています。

髪の毛をデザインするヘアワックスの種類の多さや、ムースやヘアデザインスプレーの数々。10代や20代の人で茶髪に染める人や髪を脱色したり、パーマやブローなどで髪にダメージを与え続ける若者も急増しています。

生活習慣の不規則さも手伝って、そういった若者でも髪の毛が抜けたり薄毛の症状で悩む人は増えてきているともいわれています。お父さんやおじいちゃんがハゲていたりしたら、自分はハゲないように育毛やヘアケアに人一倍気を使っている人も多いとも言われていますが、若ハゲは100%遺伝では決まりません。

スポンサードリンク

年齢と共に髪が抜けて薄くなるのは仕方ないかもしれませんが、20代から髪にダメージを与えるような行いや、生活習慣をしていると取り返しのつかないことにもなりかねません。

若ハゲに悩んでいる人にとっては、髪の毛が薄くなってくる現実は切実なものです。抜けた毛が再びフサフサにもどるのならどんな育毛剤や増毛剤にもすがりたいくらいの気持ちがあるのも事実でしょう。

額の生え際や頭頂部が薄くなってしまった、あるいは額の生え際や頭頂部の地肌が見えそうな気がするという人も予防と対策を少しでも知識としてとらえてみましょう。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金銭的な理由で育毛にお金をかけれない人は別として、例えば芸能人などはお金がたくさんあり、その気になればヘアケア、育毛コースなどの最上級の育毛ケアを受けれると思うのです。

しかし、実際ははげていく頭皮をヘアスタイルや髪の色でごまかしてそのままテレビなどに出つづけることが多いように感じます。

自毛植毛は実際にどうなのか
自毛植毛は後頭部などに残った自分の髪の毛を、はげてしまった自分の頭皮に植え付ける増毛法のひとつです。他人のモノを植えるのではなく、自分自身の身体の一部を取って植え付けることで、拒絶反応などの問題が少ないことがメリットといわれています。

色々調べてみましたが、自毛植毛の定着率もなかなか良いような話も多く、なぜ自毛植毛がもっとメジャーにならないのか不思議に感じました。

自毛植毛の問題点
自毛植毛が一般に普及しない要因は幾つかありそうですが、一つ目は費用の問題でしょう。詳しくは知りませんが、自毛植毛を術式で執刀できるようになるにはそれなり資格と免許が必要であるようなのです。

二つ目の問題点は一度に大量に髪の毛を移植できないことです。芝生を荒地に植え付けるような感覚で増やしたい部分に一度に自毛植毛することはできないようなのです。これは切除する後頭部などの毛髪の負担もありますが、自毛植毛した髪の毛の定着率の低下を引き起こしてしまう可能性が高いということが大きな理由のようです。

三つ目の問題点は、後頭部の毛髪を根っこごと切除するために傷か残ってしまう点です。

時間と傷の問題がネック?
芸能人などお金のある人ではげてしまいそうな人は自毛植毛で髪の毛を増やせばいいのにと簡単に思ってしまいますが、実際は見れるようになるまで半年から、一年くらいかかるようなのでその間頭を隠しつづけることが難しいのかもしれません。

芸能人は外見が命の場合がおおく、頭皮の目立たない部分とはいえ傷が残ってしまうことに抵抗があるのかもしれません。

経済的・市場的側面での考察
育毛・増毛市場で一番おいしいお客様は、生涯にわたって育毛剤やヘアケアコースや育毛シャンプーを利用してくれる人です。

一度に問題が解決してしまえば市場的には衰退してしまいます。そんなちょっと曲がった見方をすればもしかしたら育毛・増毛業界の真実が見えてくるかもしれません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。