ヘアワックスや毛染め、脱色、など髪の毛の負担は増えるばかりです。髪が抜けてしまった時の役に立ちそうな参考情報を集めました。

若はげの悩みというのは、深刻です。
なった人しかわからない、という以前になかなか人にも相談できないからです。現在では、若くして、薄毛や脱毛にの症状がでてしまう人が増える傾向にあると言われています。

髪の毛をデザインするヘアワックスの種類の多さや、ムースやヘアデザインスプレーの数々。10代や20代の人で茶髪に染める人や髪を脱色したり、パーマやブローなどで髪にダメージを与え続ける若者も急増しています。

生活習慣の不規則さも手伝って、そういった若者でも髪の毛が抜けたり薄毛の症状で悩む人は増えてきているともいわれています。お父さんやおじいちゃんがハゲていたりしたら、自分はハゲないように育毛やヘアケアに人一倍気を使っている人も多いとも言われていますが、若ハゲは100%遺伝では決まりません。

スポンサードリンク

年齢と共に髪が抜けて薄くなるのは仕方ないかもしれませんが、20代から髪にダメージを与えるような行いや、生活習慣をしていると取り返しのつかないことにもなりかねません。

若ハゲに悩んでいる人にとっては、髪の毛が薄くなってくる現実は切実なものです。抜けた毛が再びフサフサにもどるのならどんな育毛剤や増毛剤にもすがりたいくらいの気持ちがあるのも事実でしょう。

額の生え際や頭頂部が薄くなってしまった、あるいは額の生え際や頭頂部の地肌が見えそうな気がするという人も予防と対策を少しでも知識としてとらえてみましょう。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨今の禁煙ブームで喫煙者にとっては肩身の狭い思いをすることが多くなっているという話を聞きました。喫煙は最近の研究でも身体に良くないという様々報告がされており、もちろん育毛の観点からみても良くはないだろうということはなんとなく理解していました。

禁煙すると抜け毛が増えた?
色々調べている内に少数ではありますが「禁煙したら抜け毛が増えた。」というような意見がありました。裏づけを取るために知り合いや友人にもそれとなく聞いてみると確かにタバコを止めた途端、少し薄毛になったように感じるという人もいたのです。

その後の経過や話は聞いていないのでなんともいえませんが、育毛には禁煙は必要条件のような盲目的な考えがあったことも事実です。

タバコを吸うことによって毛細血管が収縮され、血流が細部まで行き渡らなくなりその結果頭皮の健康状態が悪くなり抜け毛が増える。これはなんとも理論的な説明です。しかし、禁煙することによって抜け毛が増えるということはどういったメカニズムになっているのでしょう?

本当の健康状態に戻る前の初期症状?
自己植毛などでも植毛した髪が根付く前にいったん初期脱毛のような症状が出ることもあるという話を聞いたことがあります。健康的な髪に生まれ変わる前に弱々しい毛髪が抜け落ちるという感覚なのでしょうか?

それと同じではないでしょうが、身体が健康になって行く過程の中で、頭皮の健康も良くなって行く段階での抜け毛増加と考えるとなんとなく理論的なような気はします。

ひとついえる事は禁煙することによって確実に食欲は増します。例えば、朝は食欲がなく、コーヒーとタバコが朝食代わりという人も多いと思いますが、禁煙すれば朝からモリモリと食べれるようになることが多いのです。

食欲増が抜け毛を増やす要因?
禁煙することによって食欲が増せばそれだけ摂取カロリーが増加します。新陳代謝が良い若い世代ならともかく、中高年になればカロリー増はそのまま脂肪過多になる可能性もあります。

そうなるといわゆる中年太りが進んでそれが脱毛の原因になるということも考えられます。ただ、若はげには人それぞれの要因があり、要因を特定することが難しいことも事実です。


色々考えても結局は健康で生活することが一番です。極端なヘビースモーカーの人は別ですが、たしなむ程度の喫煙でストレスが解消されていればそれで良し。長年培ってきた生活習慣を一変させることは人によっては深刻なダメージを身体に及ぼすことも無いとはいえませんし、喫煙続行・禁煙の決断などは個人の判断を尊重させるべきでしょう。

禁欲生活の果てに結局はげてしまうのと、好きなことをやりつづけてはげてしまうのではなんとなく気持ちの持ちようも違ってきて当然です。難しい問題かも知れませんが…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。