ヘアワックスや毛染め、脱色、など髪の毛の負担は増えるばかりです。髪が抜けてしまった時の役に立ちそうな参考情報を集めました。

若はげの悩みというのは、深刻です。
なった人しかわからない、という以前になかなか人にも相談できないからです。現在では、若くして、薄毛や脱毛にの症状がでてしまう人が増える傾向にあると言われています。

髪の毛をデザインするヘアワックスの種類の多さや、ムースやヘアデザインスプレーの数々。10代や20代の人で茶髪に染める人や髪を脱色したり、パーマやブローなどで髪にダメージを与え続ける若者も急増しています。

生活習慣の不規則さも手伝って、そういった若者でも髪の毛が抜けたり薄毛の症状で悩む人は増えてきているともいわれています。お父さんやおじいちゃんがハゲていたりしたら、自分はハゲないように育毛やヘアケアに人一倍気を使っている人も多いとも言われていますが、若ハゲは100%遺伝では決まりません。

スポンサードリンク

年齢と共に髪が抜けて薄くなるのは仕方ないかもしれませんが、20代から髪にダメージを与えるような行いや、生活習慣をしていると取り返しのつかないことにもなりかねません。

若ハゲに悩んでいる人にとっては、髪の毛が薄くなってくる現実は切実なものです。抜けた毛が再びフサフサにもどるのならどんな育毛剤や増毛剤にもすがりたいくらいの気持ちがあるのも事実でしょう。

額の生え際や頭頂部が薄くなってしまった、あるいは額の生え際や頭頂部の地肌が見えそうな気がするという人も予防と対策を少しでも知識としてとらえてみましょう。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抜け毛と薄毛の不安を感じる人の生活環境にはいくつかの共通点があると言われています。

男性の抜け毛と薄毛要因
男性の人なら仕事がハードで不規則だったり、睡眠時間息が規則正しく取れていなかったりする場合が多いようです。

偏った食生活や生活習慣の乱れは、毛髪の再生サイクルを乱し、抜け毛の原因になります。髪の成長には、たんぱく質、ミネラル、ビタミンなどが必要です。偏った食事は健康な毛髪サイクルを乱し抜け毛の原因になるのです。

仕事が順調でハードなのも大変ですが、仕事がうまくいかずストレスを溜め込むことは抜け毛や薄毛予防以前に健康にも良くないことです。男性に多い、タバコの本数の増加、飲酒量の増加も髪の毛の抜け毛を増やす原因です。

髪の毛は夜に成長しますから、不規則な生活をしていると、髪の毛の成長を邪魔することになり、抜け毛の原因になるわけです。抜け毛の原因には、タバコやアルコールなども関係しているのです。喫煙は血流を阻害し発毛サイクルを阻害してしまいます。さらにお酒の飲み過ぎも髪にも栄養がいき届かなくなる元になり、薄毛抜け毛の原因になりかねないのです。

女性の抜け毛と薄毛要因
女性の場合の髪の毛の抜け毛を増やす原因は無理なダイエットやストレスが圧倒的に多いとされています。無理なダイエットで目標体重をクリアしても健康そのものを損なっては意味がありません。

髪のサイクルを健康に
髪の問題で悩みたくはないものですが、そもそもなぜ髪が抜けるのでしょうか。頭には同じ毛がずっとあり続けるわけではなく、古い毛が抜け新しい毛が生えてくるサイクルがあります。このサイクルが狂うと、結果的に毛髪の量が少なくなります。

健康な人でも抜け毛はあります
毛が抜けること自体は当然で、それを防ぐことはできません。特に男性は年とともに顕著に毛髪が薄くなる傾向があり、人知れず悩んでいる人もたくさんいます。

ホルモンのバランスも髪の健康に関係します
抜け毛の原因の一つに男性ホルモンがあります。男性ホルモンは抜け毛や薄毛に影響している大きな要素のひとつです。

5αリダクターゼという酵素の働きにより、男性ホルモン「テストステロン」が「デヒドロテストステロン」に変換され、それが毛細胞に作用し、髪の毛の成長を抑えてしまうのです。そして髪の毛が早く抜けてしまうのです。

男性ホルモンが発毛の鍵です
男性ホルモンによって発毛が抑制される体質は、遺伝的な要素が強いといわれています。この、男性ホルモンをうまく調節する成分が研究され育毛サプリメントなどに取り入れられてきています。

男性ホルモンのバランスを保ちながら、毛細胞が新しい毛を作るために必要な栄養を摂取することがまずは基本です。そのためには、バランスの取れた食事と規則正しい生活がキーポイントです。そしてストレスをうまく発散できる環境を作ることが健康的な育毛環境の第一歩です。

ストレスによって血の巡りが悪くなると毛根に栄養が届かなくなり、新しい髪を作るスピードが鈍化します。精神的なストレスは心だけでなく、髪の毛の成長にもにもよくないのです。

抜け毛で悩みストレスをためたことが原因でますます薄毛に、という悪循環にならないようにすることは最低限気をつけたいところですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。