お風呂と育毛

ここでは、「お風呂と育毛」 に関する記事を紹介しています。

若はげの悩みというのは、深刻です。
なった人しかわからない、という以前になかなか人にも相談できないからです。現在では、若くして、薄毛や脱毛にの症状がでてしまう人が増える傾向にあると言われています。

髪の毛をデザインするヘアワックスの種類の多さや、ムースやヘアデザインスプレーの数々。10代や20代の人で茶髪に染める人や髪を脱色したり、パーマやブローなどで髪にダメージを与え続ける若者も急増しています。

生活習慣の不規則さも手伝って、そういった若者でも髪の毛が抜けたり薄毛の症状で悩む人は増えてきているともいわれています。お父さんやおじいちゃんがハゲていたりしたら、自分はハゲないように育毛やヘアケアに人一倍気を使っている人も多いとも言われていますが、若ハゲは100%遺伝では決まりません。

スポンサードリンク

年齢と共に髪が抜けて薄くなるのは仕方ないかもしれませんが、20代から髪にダメージを与えるような行いや、生活習慣をしていると取り返しのつかないことにもなりかねません。

若ハゲに悩んでいる人にとっては、髪の毛が薄くなってくる現実は切実なものです。抜けた毛が再びフサフサにもどるのならどんな育毛剤や増毛剤にもすがりたいくらいの気持ちがあるのも事実でしょう。

額の生え際や頭頂部が薄くなってしまった、あるいは額の生え際や頭頂部の地肌が見えそうな気がするという人も予防と対策を少しでも知識としてとらえてみましょう。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生活環境の悪化は髪の毛や頭皮にも良くないです
髪の毛が抜けたり頭皮のトラブルを感じている人は髪と頭皮だけのことについて原因を考えがちですが、髪の毛も体の一部なのです。身体の健康そのものが損なわれたら体調を崩すように、頭皮の血行が悪くなったりすると髪や頭皮に異常が発生しやすくなり抜け毛や頭皮のトラブルの原因になります。

闇雲に育毛剤を使用してもムダです
髪の毛の抜け毛の量が急激に増えてしまうとどうしても動揺してしまいます。
抜け毛=育毛剤の使用
と短絡的に考えてしまいがちですが髪が抜ける本質的な原因の改善をしなければほとんど意味はないのです。

例えば、フケが多くなってきた人が抜け毛の原因を考える場合と、頭皮の血行が良くなく頭皮の血行不良が原因の人の抜け毛の原因を考える場合では対処法が違うのです。フケの発生は、頭皮に汗をかくことや不潔にすることでおきやすくなります。フケが多く発生すると、それを栄養源とする細菌(フケ菌)が繁殖します。その細菌が原因となって、さらに炎症が起き、頭皮のコンディションが悪化します。

一方、頭皮の血行不良は毎日の食事の栄養バランスの悪化や生活環境の乱れなどが原因の場合が多いのです。当然、頭皮に栄養がまわらなければ健康な髪は生えません。

健康な生活のために日頃できること
髪の毛や頭皮の健康を考える前に、身体そのものの健康を考える事は非常に重要なのです。日頃の生活習慣で一番簡単にできることの一つはお風呂の湯船に浸かることです。

会社でのストレスをなくそうとすれば最悪会社を変わることも考えなければなりません。また、食事や生活環境そのものを変えることはなかなか難しい人も多いかもしれません。しかし、お風呂の湯船に浸かることは少しの手間を掛けるだけで可能な場合が多いのです。

特に、シャワーだけで済ましている人はぜひとも湯船にお湯をためてお風呂に入ることが大切です。湯船に浸かることで身体全体があったまり全身の新陳代謝が良くなります。当然、頭皮の血行も良くなり頭皮の活動も正常化される可能性が高くなるのです。

毎日お風呂の湯船に浸かっている人はもう少ししっかりと長い時間お風呂に浸かることを心がけてみてみるといいかもしれませんね。

頭皮と髪の毛は関係
髪の毛自体は生きた細胞でありません。実際に、髪の毛は一度ダメージをうけると簡単に修復することはできません。しかし、抜け毛に悩む人の多くが髪のダメージよりも頭皮そのものに問題が多い傾向があります。

頭皮の普段の洗髪や、ブラッシングでも自然に毛髪は抜けますが、1日に100本以内であれば特に問題はありません。しかしそれ以上の場合は体の状態や生活環境などの原因が必ずあります。その原因さえ取り除いてあげれば、髪は再び発毛します。育毛剤は頭皮のトラブルの元を改善しなければ効果は期待できません。まずは身近なことから少しずつ頭皮と髪の毛にいい事を意識していきましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。